LOADING...

よくあるご質問

A.

お子さんが欲しいと思ったら受診してください。特に35歳を過ぎると妊娠しにくくなります。晩婚化が進んでいますので避妊をしていないのに妊娠しない方は早めの検査や治療をお勧めします。40歳代の方だけでなく、若い方でもAMH(抗ミュラー管ホルモン:卵巣の予備力、潜在力を見る検査)が低いと卵巣の予備能は落ちていますので早めの治療が必要となります。体外受精の説明会等で情報を得て頂き、ご夫婦と治療法を相談します。いろいろな選択肢があります。一緒に考えましょう。

A.

個人差があります。これはどの年代の方でも当てはまりますが妊娠には様々な原因が入り組んでいます。女性だけでなく、男性が原因の場合もあります。まずお二人で検査をしてご自分の身体の状態を知ることから始めませんか?病気が隠れている場合もあります。妊娠に耐えうる身体であるか?妊娠の妨げになっていることはないか?自分の身体を知り、その後の治療検査を考えます。40歳代は妊娠し難くなる年齢ですがその中で何ができるのかを一緒に考えましょう。

A.

避妊していないのに妊娠しない方は検査をしてみるのをお勧め致します。生理は順調ですか?排卵していますか?卵管は通っていますか?AMHは採血しないと分かりません。射精できていても精子がいるかは検査しないと分かりません。健康な20歳代のカップルが排卵の頃、性生活を持って一回で妊娠する確率は20%と言われています。一年以内には80%~90%です。20歳代でも医療の手を借りる必要がある方がいらっしゃいます。

A.

ホルモン検査は血液で行いますから採血が必要です。これも痛みを伴います。卵管の通過性を調べる通水や卵管造影は生理痛のような痛みを感じることがあります。痛みを和らげることも薬でできますから御心配であればご相談してください。

A.

男性に原因がある可能性は不妊症の40~50%あると言われています。ご主人の検査は精液検査、感染症検査などがありますので、ぜひ受けてください。精液検査の結果によっては治療方針が変わってきます。お二人のお子さんが欲しいと思っての検査です。お二人で始めることが大切です。ご主人の検査は恥ずかしいという方もいますが、奥様も頑張っています。お二人で協力して検査・治療を進めてください。

A.

保険診療でできる検査もあります。保険診療外の検査が必要な場合、必要性を理解頂いて実施します。高度生殖補助医療(体外受精など)は収入に応じた助成金制度もあります。詳しくはお住まいの自治体やクリニック受付にお尋ね下さい。

A.

2年間夫婦生活を持っても妊娠しない場合不妊症と言われています。平成27年8月、日本産科婦人科学会では「生殖年齢の男女が妊娠を希望し,ある一定期間,避妊することなく通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合を不妊という.その一定期間については1年というのが一般的である.なお,妊娠のために医学的介入が必要な場合は期間を問わない.」と定義しました。子どもが欲しいと思っているカップルであれば早めに医療機関を受診することをお勧めします。不妊治療の専門家とご相談して検査をするかしないか、治療をするかしないかを考えても良いのではないでしょうか。

A.

一般検査といってはじめに進められる基本の検査は6つです。
1. 生理周期に合わせたホルモン検査(採血)。生理中と高温期の2回
2. 卵管の通過性を調べる卵管造影。
3. 男性側の検査である精液検査
4. 子宮や卵巣の状態を見る超音波検査(エコー)
5. 性交渉を持って頂き頚管粘液(おりもの)の中にいる精子の状態をみるフーナーテスト
6. 抗ミュラー管検査(AMH)(採血)
これらの検査ですべてが分かるわけではありません。これらの検査で異常がなくても問題がないとは言えません。自分に身体を知ってからどのように検査や治療を進めていくか、医師と相談してみませんか?ご希望に沿った選択肢を探していきましょう。

A.

「排卵日だからこの日に頑張るんだ」とお子さんを欲しいカップルは思っていらっしゃるでしょう。でも人間はデリケートです。その日と指定されると元気がなくなったり、性欲が萎えてしまいその気になれなかったり、「義務感だけ」などというケースもあります。しかしそこで無理をするとEDになってしまう方もいるのです。難しい時は無理をせず、排卵日周辺に性交渉が持てれば良いと思ってください。どうしても難しい時は早めにご相談ください。EDのお薬や方法はあります。医師と相談しましょう。くれぐれもネットで海外からED薬を取り寄せるのはやめましょう。薬品の成分が全く含まれないものも混じっています。ご自分たちだけでなんとかしようと思わず、医師の力を借りてください。